パソコンを使用する男性

SSLって何?重要なの?

サイトの情報を暗号化し、盗み見や改ざんを防ぐために取り入れられているのがSSLという暗号化技術です。
SSLは今のウェブサイトには必ず導入しておきたいものですが、詳細やその内容を紹介しましょう。

そもそもSSLとは何かというと、情報やデータの暗号化になります。インターネットをやっている場合、お問い合わせフォームから様々な情報を送受信することがあるでしょう。この時、サイトの送受信する内容は傍受する事が出来て、その内容を盗み見る事が出来たのです。
これは危険な場合もあり、例えばネットバンクや個人情報にまつわる情報をやり取りする場合、暗号化していないと外部から盗み見をしたら第三者に情報が洩れる事があるのです。また、盗み見だけではなくデータの改ざんをする事も出来ますから、トラブルやネット上の意図しない操作につながる事、個人情報の漏洩なども起こるかもしれません。

そこで、SSLという通信技術を使って、サイトで送受信するデータを暗号化します。こうすることで、サイトのデータのやり取りが暗号化され、第三者のデータの盗み見や改ざんを防げる、という事になります。

これは特に今の時代はお問い合わせフォームだけではなく、サイト全体を暗号化する常時SSL化というのが基本になりました。
というのも、サイト全体をSSL化することで、サイト全体をセキュリティ化させ、全体的な情報漏洩を防ぎ、安全性を高めるという技術です。

実はこの技術が重要だとされるのは、SEO的な観点からも大事だとされるためです。検索サイトの大手であるGoogleはサイトが常時SSL化しているかどうかという事を重視し、サイトが常時SSL化されてるサイトをSEO的に優遇する方針を打ち立てました。
このため、もしSEO的にしっかり対策を行いたいのであれば、常時SSLに対応する必要があるのです。

常時SSL導入というと難しく感じるかもしれませんが、最初からきちんと対応する必要があるのは企業やネットサービスを行う場合だけです。個人のブログなどはSEO対策のために行いたいという場合だけしっかり行えばよいので、まだHTMLなどもよく分からないという場合は先にサイト作成をしっかり行っておきましょう。
また、送受信用のお問い合わせフォームなどがない場合も安全性を意識する必要性は低いので、常時SSLを重視するのであればやはりSEO的な意識が強くなるでしょう。中には費用をかけずにSSL対応が出来る場合もありますが、費用や手間も考えて行いましょう。