パソコンを使用する男性
  • ホーム
  • モバイル対応したサイト制作をしよう

モバイル対応したサイト制作をしよう

最近ではパソコンでウェブサイトを見るよりも、スマートフォンで見る事が増えてきました。
このため、今の時代はモバイルファーストインデックスという考えもあります。これはモバイルでも見やすい事、特にスマホに対応していることが求められ、そのサイトがスマホで見やすい様に工夫されているかどうかが重要なポイントになってくるのです。

これは、モバイル対応という名前でよく気をつけられています。今の時代ではPCやスマホ、タブレットなど、複数のデバイスでの利用を想定してデザインや設計をしているサイトが少なくありません。特にPCでサイトを作ったり運営する人でも、サイトは基本的にスマホに対応しているものが多いのです。

また、モバイルに対応している事は、サイトの利便性にも影響します。当然モバイルでもウェブサイトを使えないことは無いのですが、やはり見辛い事が少なくありません。このため、モバイルにしっかり対応していることや様々なデバイスに対応していることは、ユーザーにとっても良い事です。

とはいえ、いくつものHTMLを準備したり、必要な所で切り替えるなどをするのは大変でしょう。技術面でも難しい事が多いでしょうから、おすすめなのはレスポンシブウェブデザインにすることです。
レスポンシブウェブデザインとは、サイトのデザインを様々なデバイス幅や表示幅に対応する事や、様々なデバイスでの利用を想定してデザインをする事です。これは初期設定から様々な画面幅や要素で見る事を考えてHTMLやCSSで制御をするため、サイトの利便性の向上や、サイトの使いやすさに繋がります。

実はこのレスポンシブウェブデザインは、検索サイトでの評価にも影響します。というのも、検索サイトではモバイルファーストインデックスという考え方があり、モバイル対応をしているサイトの方に良い評価を与える、という方針を出しました。
このため、サイトの使いやすさや見やすさだけではなく、サイトのSEOを考えるのなら最初からモバイル対応を考えておくのがお勧めです。

CMSによっては、最初から初期設定の時点で振り分けて作る場合もあります。この場合は自動でモバイルでも見やすいようになっています。
ですが、そうではない場合は自分で様々な方法でレスポンシブウェブデザインを行いましょう。特にスマホでもPCでも見やすいように工夫する事が、閲覧者にとっても検索サイトにとっても良いサイトになります。