パソコンを使用する男性
  • ホーム
  • ドメインの購入方法はどうやる?

ドメインの購入方法はどうやる?

パソコンを使用している男性

サイトを作る場合、集客やほかにはない個性を考えるのなら、ドメインを取得するのは忘れてはいけない方法です。
ドメインとはそのサイトの住所のようなもののことで、それぞれのサイトは個性的なドメインという文字列を持っています。

特に無料ブログなどの場合は気を付けておきたいのですが、無料ブログの場合はシステムが提供したドメインを使うことが多いものです。
また、システムによっては自分で取得した独自ドメインを利用できない場合もありますので、気を付けておきましょう。

独自ドメインとは他にはない個性的な自分のサイトだけの文字列です。
過去に誰かが取得して利用していたドメインを中古ドメインといい、まったくどこにもなかったドメインを新規ドメインといいます。
両方ともありますが、それぞれ購入方法が違います。

新規ドメインの場合、レジストラと呼ばれるドメイン関連のサービスを提供しているサービスに、自分が欲しい文字列を注文するという形が基本です。
まず、自分が欲しい文字列が空いているかどうかを検索してもらいましょう。
すでに取得されている文字列かどうかを確認してもらい、だれも利用していないかどうかの利用可否の調査をして貰います。
もしその文字列が空いているのであれば、取得することが可能ですのでそのまま申し込んでください。
申し込みの際には費用や契約期間、代金の支払い方法などを選択して申し込みます。

そのあと、取得が完了すれば取得完了です。
サーバーの設定を変更するなどして、さっそく利用しましょう。

一方、中古の場合はレジストラや中古ドメインの販売元を見つける必要があります。
今存在している文字列を利用し、特に決められた文字列を利用しますので、業者のサイトの中から良さそうな文字列を選びましょう。
ちなみに中古の場合はある程度被リンクがあったり利用履歴があるため、SEO対策に良い効果をもたらす場合もあります。
ですが、悪い効果をもたらす場合もあるでしょう。
そういったところも判断してから注文してください。

申し込みの際には費用を支払い、同じくサーバーの利用設定を行って完了します。
ただし、利用可否がちょっと違ったり、購入方法に独自の指定がある場合もありますので、中古の場合は特に手順に気を付けておきましょう。

また、中古でも新規でも、定期的に更新が必要になります。
更新しないと利用できなくなってしまいますので、定期的に状態を確認して更新が必要になったら適切に手続きをしてください。