パソコンを使用する男性
  • ホーム
  • サイト作成後はSearch ConsoleやAnalyticsに登録しよう

サイト作成後はSearch ConsoleやAnalyticsに登録しよう

パソコンの前にいるスーツ姿の男性

サイトを作って作成が完了した場合は、その後にサイト管理のための様々なサービスに登録をしておきましょう。
特にサイト運営をサポートしてくれるサイトやサービスはいくつかありますので、それぞれに登録をしておきましょう。

まず、ひとつがGoogle Search Consoleというサービスです。これは何かというと、検索サイトで有名なGoogleが提供するもので、基本的にサイト運営者に向けたサービスになります。

というのも、サイトの運営者がどういうサイトなのかを登録できますし、サイトマップを登録してサイトの情報を伝えたり、逆にGoogleからどういうサイトの集客が出来ているかを知る事が出来ます。
また、サイトのSEO対策で変な対策を行っている場合に警告やペナルティの連絡があったり、クロールエラーやサイトの流入傾向について知る事も出来るでしょう。

基本的にサイト運営者のためのサービスなので、サイトを持っている必要があります。サイトを完成して独自ドメインやサーバーの設定まで完了した段階で登録しましょう。また、ひとつのアカウントで複数のサイトを登録する事が出来ますので、複数のサイトを持つ場合でも一つのアカウントで構いません。

もう一つ登録しておきたいサービスが、Google Analyticsというサービスです。
こちらはサイト運営者のみを対象にしている訳ではありませんが、サイトのアクセス解析のサービスになります。アクセス解析とは、サイトにアクセスしてきた人のことを統計的に処理したサービスで、いつどこからどういう人がアクセスしてきたのか、という事を知る事が出来るものです。

Google Analyticsはアクセス解析のみで、アクセスの状態を知る事が出来ます。ですが、Google Search Consoleの場合はサイト運営者がいろいろな事を知る事が出来るツールです。
両方とも微妙に利用方法や目的が違いますので、両方とも登録しておくのに越したことはありません。

特にクロールエラーやペナルティはサイトのSEOやユーザビリティに影響を及ぼしますし、外部リンクや内部リンクも影響があります。また、キーワードはサイト更新に影響を出しますし、サイト改善の目安になります。
流入傾向が分かれば、サイト改善やキーワード選定を変える必要もありますし、当然内部リンクの施策や外部リンクの発生方法や手順も違ってくるでしょう。このような影響に気を付けておいてください。

サイト内検索
人気記事一覧