パソコンを使用する男性
  • ホーム
  • ウェブサイトの作成方法をわかりやすく説明します

ウェブサイトの作成方法をわかりやすく説明します

パソコンを使っている男性

ウェブサイトの作り方は実はいくつかの種類があり、難易度もかなり差があります。ここではある程度サイト作成が出来るような、基本的な方法だけを紹介しましょう。

まず、ウェブサイトそのものの言語はHTMLという言語で作られます。これはXMLという言語をベースにして作られたもので、比較的記述は簡単です。この文章が何を示すか、という事を示す仕組みを持っていて、この書き方によって与えられる意味やデザイン、内容に違いを示す事も出来ます。また、見えないところの設定もHTMLで行う場合が多いでしょう。

また、一緒にCSSというスタイリング言語も学習しましょう。
これはウェブサイトの見た目を左右するもので、色や大きさ、配置、デザインなどを設定します。最近では特にCSS3という複雑な変形やアニメーションが出来るようなバージョンアップがなされたので、そちらを利用してもいいでしょう。

HTMLとCSSだけであれば、市販ソフトを使わなくても十分学習できますし、無料ソフトを活用して手打ちで入力していけば問題はありません。ですが、それ以上のことをする場合は難易度が少々高くなります。

ひとつはCMSと呼ばれるものを使うことです。これはコンテンツマネジメントシステムと呼ばれるもので、サイトの管理やブログの管理を効率よく簡単にできる、というシステムです。無料ブログなどでも使われていますし、WordPressなどを自分でサーバー上に設定して使う事も出来るでしょう。

また、PHPなどのプログラミング言語を学習して自分でCMSのようなシステムを作る場合もあります。これは作成に手間はかかり、またセキュリティなどの大変さもありますが、身につけるとそこそこ上級のスキルとなります。

ただ、どうしても難易度が高い場合は、かなり費用がかかりますが業者委託をするというのも方法でしょう。これは自分で作るのではなく、ウェブサイトを作れる制作会社に作成を依頼するという物で、特に中小企業や一定の規模を持つ団体の場合は依頼した方が良い場合もあります。

なお、ホームページという単語はウェブサイトでは使いません。ホームページではなく、ウェブサイトとという単語を使いましょう。

費用がある程度ある場合、当然手軽で本格的なサイトを作れるのは業者委託という方法です。ですが、学習したいのなら無料ソフトや市販ソフトを使っても構いません。学習するならまずはHTMLとCSSから始めましょう。

サイト内検索
人気記事一覧